@banyan's blog

PORO の model に自動で ActiveModel::ForbiddenAttributesProtection を include する

Strong Parametes を使うには、各 model で ActiveModel::ForbiddenAttributesProtection を include してあげる必要があります。

ただ毎回手作業でやると忘れたりする可能性があるので config/initializers/strong_parameters.rb とかに

ActiveRecord::Base.send(:include,  ActiveModel::ForbiddenAttributesProtection)

としてあげると自動で include されます。(ということを railscasts で見ました)

今の自分のプロジェクトでは mongomapper を使っていて PORO (Plain Old Ruby Objects) の class なので

def class_exists?(class_name)
  klass = Module.const_get(class_name)
  return klass.is_a?(Class)
rescue NameError
  return false
end

Dir.foreach("#{Rails.root}/app/models") do |model_path|
  class_name = File.basename(model_path, ".rb").classify
  next unless class_exists?(class_name)
  klass = Object.const_get class_name
  klass.class_eval { include ActiveModel::ForbiddenAttributesProtection }
end

こんな感じで include するようにしました。

> p Post.included_modules
=> [ActiveModel::ForbiddenAttributesProtection,
...

include されていて、 前回書いた設定で ActionController::UnpermittedParameters が raise されることを確認できました。